鮒谷周史の
【圧巻!題名のない放談会
(質疑応答編その1)】
音源

お申込み受付中

必要事項をご記入の上、「送信」ボタンをクリックして下さい。

すぐにお申込み受付完了メールが届きますので、音源ファイルのダウンロード方法やお振込先口座等につきましては、そちらをご確認下さい。
(「宅配版」をご希望の方は、「携帯型オーディオプレーヤー」のお届けについても、同メールをご確認下さい)

収録時間:約153分(2時間33分)

定価:19,800円+税

音源をお聴き頂き、ご感想を頂戴できましたら、当社音源販売にてご利用いただける 3,000円分の割引クーポン(6ヶ月間有効)をご提供致します。

つまり、【 実質16,800円+税 】にてお求め頂けますので、 この機会をどうぞお見逃しのないようお願い致します。

※ご感想送付の期限は特に設けておりませんが、これをきっかけに前倒しで お聴き頂くためにも2週間以内を目処にお送り頂けましたら幸いです。
(ご感想送付そのものは「義務」ではございませんので、ご安心下さい)

<収録されたセミナーに参加下さった方、当音源をお聴き下さった方からお寄せいただいたご感想はこちら>


(以下、音源詳細のご案内文となります)
-----------------------------------



■こんにちは、鮒谷です。


 唐突ですが、私(鮒谷)は、

 【豊かな生活は、
  システムによって成立する】

 ものだと考えています。



■よく

 「たった1つ、〇〇をすれば
  〇〇になれる、〇〇を手に入れられる」

 という文句を聞くことがありますが、

 世の中、そんな都合良く
 できているはずがありません。
 


■こうした言葉に飛びつくこと自体、

 【一切の思考、思索を放棄している
  =他人に人生を委ねている】

 ことのなによりの証左です。


 もし、このように説かれているものが
 あったとするならば、

 それら全ては

 【眉唾認定、嘘っぱち認定】

 してもOKというサインと解釈すると
 良いのではないでしょうか。

 (私(鮒谷)は、
  そう解釈して生きてきました)

 

■もちろん、

 「豊かで幸せな生活を過ごすために
  重要な要素と、そうでない要素」

 といったものはあるに違いありません。


 ただ、たった一つ、

 「これにさえ取り組めば○○」
 「これをマスターしさえすれば〇〇」

 といった考えには、
 素直に頷くことができません。



■ダメな人生を
 それなりの人生に引き上げ、

 それなりの人生を
 そこそこ満足のいく人生に引き上げ、

 そこそこ満足のいく人生を、
 心身ともにの豊かさを感じられる人生に引き上げ、

 といった風に人生を作り変えていくには、


 【総合的な「システム」とでも呼ぶべきものを
  自身や取り巻く環境を含め、構築する】

 必要があると、
 少なくとも私(鮒谷)は固く信じています。



■それは、

 「全くもってダメダメな人生」

 から、
 
 「ダメな人生」

 へ、さらには

 「まあまあ、それなりの人生」

 そして、

 「そこそこは満足のいく人生」

 へと人生を書き換えるべく、


 私(鮒谷)自身が取り組み、
 そして引き上げてきた、

 長年の経験と数々の取り組みから
 間違いなく断言できるから。



■人生を豊かで幸せなものとするために
 大切なのは、

 【より良い人生に導くための基本システム
  (OSとでも言うべき考え方や姿勢、習慣)】

 をできるだけ早期にインストールし、
 さらにそれを

 【継続的にバージョンアップする】

 ことではないかと考えています。



■合わせて、

 【いち早く、OSをインストールし、
  継続的にバージョンアップする】

 ことが重要なのは言うまでもありませんが、


 その上で、自分にとって必要な

 【アプリケーション(各種実務能力)の、
  インストールとバージョンアップ】

 もまた、根気よく、地道に、
 行っていく必要があるのです。



■こうした日々の取り組みによって、
 やがて、

 【成果を出すための、精緻な
  (=安定して求める結果が生まれる)システム】

 が構築されることとなるでしょう。



■つまり、まずは
 然るべきOSをインストールし、

 次に各種成果をもたらしてくれる
 アプリケーションをインストールし、

 その上でOS、ならびに各種アプリの継続的な
 バージョンアップを怠りなく行うことにより、
 
 【逓増する人生や生活、ビジネスが
  現実のものとなる】

 のではないでしょうか。



■成果を出すために必要なのは

 「単一の〇〇」

 ではなく、

 【価値観や思考や行動習慣や能力等の
  有機的繋がり(=システム)である】

 と、何度でも強調しておきます。



■話は変わりますが、
 先の日曜日に大阪にて、

 「題名のない放談会(質疑応答編)」

 と題して

 (会場の都合上、
  定員として設けた上限である)

 15名という少数の方と向き合い、
 2時間40分にわたって、

 質疑応答を重ねました。



■質問はご自身のみならず、
 他の皆さまにとっても有益である、

 と思われるもののみに
 限定させていただきます、

 と会場にて、事前にお願いをした上で、
 質疑応答を行いましたが、


 ご質問くださった皆さまのレベルがとても高く、
 大小合わせて20個ほどの質問に引き出される形で、

 (予定していた時間を大幅に延長し)

 私(鮒谷)自身も驚くような、
 質の高い!?回答をさせて頂けました。



■「その場で質問をいただき、
  その場で回答をお渡しする」

 という相当な緊張感を伴う場で
 あったからこそ、

 予定調和の枠の外にある回答が
 導き出されたのではなかったか、

 とも思われます。



■頂戴したご感想の中に


 -----------------------------------

 音源はいくつも拝聴しておりますが、
 放談会が始まる前の緊張された姿や、

 鮒谷さんの常套句となった生の

 「お客様に10倍の価値をお渡しする」

 という言葉から、その場の全員に宣言する覚悟が
 ありありと伝わって参りました。

 -----------------------------------


 といった記述があったのですが、
 これはまさにそうで、

 (毎度、放談会やセミナーの前には
  とても緊張するのですが)

 緊迫感や緊張を感じる環境を用意した上での
 真剣勝負であるからこそ、

 「私(鮒谷)自身が感動したり、感銘を受ける話が
  予期せぬ形で紡ぎ出される」

 そんな感覚あがるのです。



■せっかくですので、
 今回の放談会内容については、

 今回、参加いただけなかった方にも
 ぜひお届けしたいと思い、

 音源化することといたしました。


 内容としては、


 ▼目標設定に関しての、
  さらに、さらに補足と補完の話

 ▼自分が最大のパフォーマンスを
  発揮できる場所の探し方

 ▼ロールモデルとの接し方

 ▼思考のインストールが先か、
  行動の模倣が先なのか

 ▼成果をあげている人の「ブラックボックス」を
  解き明かす方法について

 ▼守破離に関して、
  鮒谷が徹底的に悩んで導き出した一考察

 ▼「くるたのしい」という感情について

 ▼「マニア」のみが醸し出す人的魅力について

 ▼老後、さらには寿命についての捉え方

 ▼一にも二にも、お客さまの声、
  である理由


 などなど、大小合わせて20個ほど?のご質問に
 お答えしております。


 あなたのOS、
 ならびにアプリケーションを、

 大幅にバージョンアップする機会として
 是非、当音源をご活用いただければ、

 と考えております。



■ただし、ご購入に際しては注意事項がございます。

 ここまで記してきました通り、
 事前に

 「最低限のOSならびに
  アプリケーション」

 を入れた上で、

 継続したバージョンアップを行うのは
 システム強化のための極めて有効な手段ですが、


 当メールマガジンをお読みいただき、
 例えば数ヶ月以内の人、

 あるいは、

 いちども私のセミナーや放談会に
 お越し下さったことがない、

 音源を一つもお聞き頂いたことがない、
 といった方々に対しては、

 どれほどの価値をお渡しできるか、
 少し心配なところもございますので、

 以上に該当する方は、この音源をお求めに
 なることは控えられた方が良いように思います。



■まずはその他の機会を活用し、

 「最低限のOSならびに
  アプリケーション」

 をインストールいただき、

 その上で、より成長、向上するための
 ボトルネックをつぶしたい、

 そしてさらなる成果を発揮したい、

 といった状態に入られたタイミングで
 当該音源をお聞きいただけましたら幸いです。



■もちろん半年以上メールマガジンを
 お読み下さっている方や、

 各種音源(特に目標設定音源や日記音源)を
 既にお聴きくださっている方にとっては、

 【一気にシステムのレベルを高める
  絶好の機会】

 になると思います。



■お申し込みは、
 以下よりお願いいたします。


 -------------------------------------------

 【新音源リリース記念・期間限定】

 <鮒谷周史の、圧巻!
  「題名のない放談会(質疑応答編その1)>


 【講師】鮒谷周史

  収録時間は
 (休憩時間等、除き、正味の時間で)

 「約2時間33分」

 となります。


 【音源料金】
 
 定価19,800円+税(21,384円)

 -------------------------------------------



以下、実際に放談会に参加下さった皆さまより頂戴したご感想となります。

ご一読頂ければ、内容のイメージもつくのではないかと思います。


(ここから)
 ---------------------------------


 鮒谷様

 昨日は放談会に参加させていただき
 ありがとうございます。


 昨日膨大な気付きを頂き、
 現在その整理及び消化さらに行動に移す
 準備をしています。


 また、放談会の中だけでなく、
 当日のメルマガ及び翌日のメルマガにも
 フォローアップの内容を頂き本当に感謝です。


 以前から音源は繰り返し聞き、鮒谷語録は
 身についていたつもりですが、
 やはり生鮒谷の迫力には圧倒されました。


 決して気負う訳でも、かといって淡々とでもなく
 まるで音楽を聴いているような心地よさで、

 次から次へと比喩表現に乗せたキーワードが
 投げかけられます。


 発する言葉はあくまでもソフトながら、
 心の深いところまでぐさりと刺さる
 言葉の使い方はまさに圧巻でした。


 これが言葉の持つ力かと感動するとともに、
 私も少しでも良いので言葉を
 自在に操る力を身につけていきます。


 今回の一番の収穫は音源で
 理解していたと思っていた事を
 再度行動に移すきっかけを頂きました。


 質問させていただいた通りで
 being目標が定まっていないと感じていましたが

 例え狭いエリアでも自分が「好き」で
 「強み」があり「価値のある」物を
 再度明確にするために、

 人に会い、書に触れ、見聞を広める時間を
 天引きして動いていきます。


 その上で「苦る楽しい」状態を作り
 大量行動に移していきます。


 おかげさまで感動創庫LFCの顧問として
 正月に始めたブログは一人でも
 何とか毎日続けられていますので、

 さらなる進歩を目指し取り組んでいきます。

 今後ともよろしくお願いします!


 (感動創庫 LFC 顧問 井上 剛典 さま)


 ---------------------------------


 鮒谷 様


 本日は初めて鮒谷さんにお会いさせて頂き、
 その場でしか感じられない鮒谷さんの在り方を
 感じました。


 音源はいくつも拝聴しておりますが、
 放談会が始まる前の緊張された姿や、

 鮒谷さんの常套句となった生の

 「お客様に10倍の価値をお渡しする」

 という言葉から、その場の全員に宣言する覚悟が
 ありありと伝わって参りました。


 放談会でもお話がありましたが、

 行動と成果の間に信念や思考があり、
 それがブラックボックスだというお話が
 ありました。


 高井先生の吹き込む現場を
 リアルに見たことが大きかったというお話にも
 あった通り、

 その場で鮒谷さんの信念や思考の一端を
 見れたことは今回参加した大きな価値の
 一つとなりました。


 また自身で質問した高井先生のお話では、
 自分と似た人がロールモデルとなり得る
 というお話があり、

 どこが似ているのか?
 どこに惹かれるのか?

 といった具体的なお話を聞くことができました。


 まずは外に出歩き動き回ること、
 そしてそれによって自身の大切にしていることを
 深く思索することをこれからも日記にしていきます。


 またマニアフェスタを例にして、
 強みにエッジを効かせることや、
 自分の強みは自身では気付かないこと、

 などが印象に残りました。


 具体と抽象を行ったり来たりしながら、
 その度に理解が深まり、ここ数年で
 最も集中した2時間40分となりました。


 放談会終了後の帰り際、
 少しお話する機会を頂き、
 起業して間もないころのお話を伺いました。


 この短い時間ですら相手の前進となる物語を渡し、
 価値を提供しようとする
 鮒谷さんの姿勢に感銘を受け、

 斯くありたいと思った次第です。


 今回の放談会に参加し気持ちの面では10倍ですが、
 現実として10倍の価値を生み出すべく、
 動いていこうと思っております。


 本日は貴重なお話を聞かせて頂き
 ありがとうございます。


        (新家 薫 さま)


 ---------------------------------


 鮒谷 周史様


 こんばんは。Hです。


 本日は

 「題名のない放談会(質疑応答編)」

 に参加させていただき、
 誠にありがとうございました。


 実は、鮒谷さんのお話を
 直に拝聴しましたのは2度目です。


 一昨年の○○○〇さんの
 「○〇〇○〇〇○〇〇」に参加し、

 そこで初めて
 鮒谷さんのお話を拝聴致しました。

 ちなみにメルマガの購読もそこからです。


 本日はあの時の大きなホールとは違い、
 鮒谷さんを間近に感じられる室内での会でした。


 会場が高級ホテルという事で緊張しておりましたが、
 鮒谷さんに気さくに対応して頂いたことにより、

 リラックスして放談会に参加することができました。


 参加者の質問一つ一つに丁寧かつ的確で
 熱い回答をいただき、あっという間の2時間半でした。


 事前に

 「メルマガ5285号(質問力について)を
  読んで来て下さい」

 との事で、その内容を踏まえ、
 自分自身にも、また参加者の皆さんにも
 役立つような質問をと考えて参加しました。

 これだけでもかなり訓練になりました(笑)


 そこで私がしたのは

 「残りの人生を考えると
  『あと二、三十年』と思って焦る」

 という質問でした。


 鮒谷さんの回答の中での、

 「あきらめた人から寿命が短くなる」

 この言葉が一番印象に残りました。


 確かに

 「まああと20年くらいかな」

 と自分で見積もってしまえば、
 それに合わせてしまい、
 
 最後まで突っ走ろうという気持ちは
 60歳ぐらいになると減速してしまうなと思いました。


 「ご高齢でも元気な人にお会いし
  お話を伺うなどして、それを目標にする。

  そうすれば自然に自らの健康管理を
  やるようになっている。

  そうすれば健康寿命も伸びる。
  平均寿命はあくまで平均」


 とのご回答もいただきました。


 別の方の質問で高井伸夫先生のお話が出た時に、
 高井先生は82歳でまだ現役バリバリというお話を聞き、

 年齢に関係なくいつまでも元気で働く、
 という選択肢もあるんだなと思えました。


 そのためには勝手に余命を見積もって、
 加齢を理由に自分を躾ける事を止めたり
 緩めたりする事はできないと思いました。


 他の方の質問も学ぶべき事ばかりでした。

 「質問のお作法」を心得ている方ばかりで
 私にも心に響くものでした。


 鮒谷さんも

 「比喩を用いて抽象化し
  すべての人にわかりやすく」

 回答されていました。


 その中で印象的だった比喩は、

 「自分が鍵だとしてありのままの形で
  カチャッと入る鍵穴は何ですか?

  それが自分の場所です」


 「鍵穴をいくつも差してみる。

  あるいは鍵穴に合わせて
  鍵=自分を調整する
 (能力を磨く資格を取る等)」

 という「鍵の比喩」が一番腑に落ちました。


 今の年齢からでも何十年後の目標を持っても
 構わない、むしろ持つべきだと
 考えが変わりました。


 目標設定の音源を何度も聞き、
 より具体的でイメージのしやすい目標に
 作り変えます。


 最近衰えを感じたり
 お医者さんの世話になる事も増えたり、
 という事で不安もありましたが、

 それに関係なく
 いつまでも自分を躾ける事を続けます。


 本日はありがとうございました。


       (K.H さま)


 ---------------------------------


 鮒谷様、セカンドステージ の皆様


 今回の放談会に参加させていただき、
 ありがとうございました。


 感想を送付させて頂きます。


 「犠牲を払う」ことの極小化を念頭に置いていたら、
 大抵の場合、心から欲しいものなんて手に入らない。


 そもそも、心から欲しいもの、
 実現したいことがあれば、
 犠牲は払えるだけ払うはず、

 というか犠牲を払ってるという自覚が
 ないかもしれない。

 気がついたら、身体が動いていると思う。


 そして、それが手に入れば
 払ってきた沢山の代償がどれだけ大きかろうと
 主観的にペイするものとなる。


 今の自分が、先に守りを考えてしまうのは、
 自分が「心から欲しい」ものを
 正確に捉えていなかったからということ。


 そして、守りを先に考えると、
 それを言い訳にして、攻めることを
 自ら避けてしまう。

 しかし、心の底ではそのことに気づいている。

 そしてやがて、誤魔化しきれなくなる。

 順番が逆。


 最初に「心から欲しいもの(状態、スキルなど)」を
 正確に捉える。

 生半可でない、心底から求めるもの。


 そして、それを獲得するために
 どこまで犠牲を払うか?払えるのか?

 また、実際それが獲得できるかどうかは、
 あまり問題ではないのかもしれない。


 過去に、心から欲しい対象を、
 自分なりに全力で追いかけたことは、
 振り返ってみればあったし、

 たとえそれが手に入らなかったとしても、
 その過程においてかいた恥や、失敗などは
 振り返ってみれば糧になっていたり、

 良い思い出となっていたりするということ。


 自分を取り巻く現実に合わせて

 「この程度かな」

 とお茶を濁すのではなく、

 「心から欲しいものはなんですか?」

 という問いに対し、
 どれだけ純粋な気持ちで答えられるか。

 それが人生を決めてしまうといっても、
 過言ではないと感じます。


 推薦頂いた本『○○○○○○○○』を
 早速梅田の紀伊国屋書店で購入したので、
 読みたいと思います。


 今回は特に深く考えさせられる、濃い内容で、

 また自分の現状に足りない点を
 ズバリと指摘して頂いたように感じ、

 まるで強烈なパンチを叩き込まれたかのごとく、
 錯覚かもわかりませんが、

 途中から頭がクラクラしてくる感覚を
 覚えました。笑

 今後も何卒、よろしくお願い致します。


    (大嶋 厚裕 さま)


 ---------------------------------
 (ここまで)



■お求めは以下よりどうぞ。

 
 -------------------------------------------

 【新音源リリース記念・期間限定】

 <鮒谷周史の、圧巻!
  「題名のない放談会(質疑応答編その1)>


 【講師】鮒谷周史

  収録時間は
 (休憩時間等、除き、正味の時間で)

 「約2時間33分」

 となります。


 【音源料金】
 
 定価19,800円+税(21,384円)  

 -------------------------------------------

本フォームは銀行振込(前払い)専用のお申込み窓口となります。
 携帯オーディオプレーヤーでの納品を希望される方もこちらのフォームをご利用下さい。

 クレジットカードでのお支払いをご希望の方は、 こちらをご利用下さい。

<収録されたセミナーに参加下さった方、当音源をお聴き下さった方からお寄せいただいたご感想はこちら>


鮒谷周史の、圧巻!「題名のない放談会(質疑応答編その1)
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス必須
TEL必須  -  - 
商品タイプ必須
クーポン・その他特記事項
会社名(団体名)
役職