『誰かの理想を生きられはしない
 とり残された者のためのトランスジェンダー史』書評会 



 日時◆2020年12月13日(日)14:00〜17:00
 場所◆オンライン開催(zoom)
 著書◆『誰かの理想を生きられはしない とり残された者のためのトランスジェンダー史』
    (吉野靫、青土社、2020年) 詳しくはこちら
 評者◆木下直子氏(社会理論・動態研究所研究員)
    石田智恵氏(早稲田大学)
    マサキチトセ氏(フリーライター)
 参加費◆無料
 企画◆鈴木耕太郎(高崎経済大学) 
 申し込み〆切◆2020年12月3日(木)

 〈タイムスケジュール〉
 13:45 受付開始
 14:00 会の説明/著者挨拶
 14:10 書評① 第1章報告(木下氏)
 14:35 休憩(10分間)
 14:45 書評② 第2章報告(石田氏)
 15:10 休憩(10分間)
 15:20 書評③ 全体報告(マサキ氏)
 15:55 休憩(10分間)
 16:05 著者からのレスポンス/評者との意見交換
 16:45 質疑応答
 17:00 終了

 ・申し訳ございませんが、この企画は多言語通訳、手話通訳に対応しておりません。

 ◆問い合わせ先:lt094022@tcue.ac.jp(鈴木耕太郎)


このフォームは、受付を終了しております。
『誰かの理想を生きられはしない とり残された者のためのトランスジェンダー史』書評会
お名前必須
メールアドレス必須
ご参加の動機を簡単にご記入ください。必須
このフォームは、受付を終了しております。